捕らぬ狸の皮算用にならないための株取引

漠然と理想だけ高く持つ株取引がどうなるか


「株で一儲けしたい」と計画性もなく単純に理想だけ高く持ち、株取引を始めようとお考えではありませんか?
計画性のない株取引は理想だけ高くなりすぎて、せっかくのチャンスを逃してしまう結果になりかねません。
株取引は計画性をキチンと持ち、常に慎重なビジョンで「どの株がいいのか」見極める判断力がとても大切です。単に「安いから」だけで購入したり「もっと高くなるまで待とう」と欲望が出てしまうと、せっかく最高点に到達してもそこがまだ「通過点」だと誤った判断をしてしまい、どんどん下降線をたどりかねないのです。株取引は1分1秒で大きく変動します。売る時期を逃してしまうと、購入時より安くなったり、最悪単なる紙切れになったりすることだって否定できないのです。


自分の中でどうするかを道を決める


株取引で購入した株、それは上がるかもしれないし下がるかもしれません。誰にも未来を予想することはできません。株価を自力で高くしようとしても、その株に対してよっぽどの力がない限り流れを変えることも不可能に近いです。ですからどのような動きになっても対処できる計画が大切です。多少購入時より安くなったからといって売る必要はありません。ある程度自分の中で想定を決めておけば焦ることなく落ち着いて取引できるはずです。
株取引は自分の欲望との闘い、欲望が先走ると「高く売りたい」「損をしたくない」と理想だけが先走り、捕らぬ狸の皮算用の結果をもたらしてしまいます。株取引を成功に繋げるためにも常に落ち着いた姿勢で綿密な計画性を持って取り組みましょう。

投資をするなら、行政の管理のもとで運営されている投資信託と、それ以外も含むファンドがありますので、そのファンドと投資信託の違いを把握して投資を楽しみましょう。